演技力向上

2/7ページ
  • 2021.11.15

あなたはなぜ演技で棒読みになってしまうのか。棒読み対策方法解説します。

「棒読みの演技はもうしたくない!なんか対策方法ないの!?」こんな方に向けて記事を書きました。この記事では、棒読みになってしまう原因と、その対策方法を3つ紹介しました。棒読みになってしまう原因は、あなたの演技全体の成長にも関係してくるものです。逆に言えば、棒読みの原因を取り除くことであなたの演技全体も成長できます。具体的な練習方法を3つ解説しているので、あなたの練習のひとつに取り入れてみてください。

  • 2021.11.10

演技ワークショップに通う前に知っておきたい上手くなる心構え3選!

これから演技ワークショップやレッスンに通おうと考えている俳優初心者に向けて、演技が上手くなる心構えを3つ紹介しました。この3つの心構えは単なる精神論ではなく、あなたの演技が上手くなるために絶対に必要なものです。ですから、完全な初心者からプロの俳優まで誰もが知っているべきだし、一線で活躍している俳優は当然腹の底まで理解しています。演技力を積み重ねていく土台にどうぞ。

  • 2021.11.10

ー演技の基礎ー レッスンに通う前に理解しておくべき3つのこと

演技レッスンやワークショップに通う前に知っておくべき演技の基礎を3つ紹介しました。初心者だけでなく、プロの俳優も、毎回役作りをするたびにこの3つは必ず行っています。嘘っぽい演技ではなく、本気の演技をしたい方は、絶対にこの3つ身につけてください。

  • 2021.11.05

演技力の要【想像力】。3種類の練習で想像力を鍛えるのだ!!

俳優が良い演技をするには、想像力が絶対に必要だとよく言われます。さて、それはなぜでしょうか。よくよく考えてみると俳優にとって想像力は2種類あります。「想像を信じる力」と「想像を広げる力」。想像を信じる力で、作品の世界に入ることができ、想像を広げる力によって、信じ込むための材料を作り出せます。この記事では、想像を広げる力を身につける練習方法を3つ紹介しています。

  • 2021.10.21

【演技・役作り】あえて言おう。頭でっかちになるのは良いことだと。

「考えすぎてしまって自由に動けない……」演技で頭でっかちになることは、良くないことだと思っていませんか?実は、頭でっかち=考えすぎてしまうことは悪いことではありません。むしろ、役作りの段階では一旦は頭でっかちになった方が良いと僕は考えます。その段階を経て、芝居本番で心のままに演じることで、役の存在感を身にまとうことができるからです。

  • 2021.09.30

演技練習以外で演技力を高める方法を列挙してみた全24種【カラオケ・旅・漫画など】

「演技の練習以外でも演技力が伸びたら(楽で)良いなー」とお考えの舐めた俳優の方向けの記事です。完全に僕の主観ですが、演技力向上の役に立つもの、部分的に役に立つもの、あまり役に立たないものに仕分けしました。軽いトーンの記事ですが、仕分けの根拠としてチクセントミハイのフロー理論が適用するかで判断しています。

  • 2021.09.29

【セリフに感情を乗せる演技術】”PG”の効果と具体的なやり方

「セリフに感情が上手く乗らない」「演技するとセリフだけ浮いてしまう」こんな悩みはありませんか?この記事では、ロシアのマイケルチェーホフの教えから"PG"というテクニックをお伝えします。PGとはサイコロジカルジェスチャーの略で、セリフと感情を絡ませるのに非常に有効なテクニックです。PGができると「芝居本番、なぜか感情が出てこない問題」の解決の糸口になりますよ。

  • 2021.09.28

高校の演劇部で練習内容に困ってる君に。オススメの演技練習4選。 

高校の演劇部の方に向けての記事です。どんな演技の練習をすればいいのか困っていませんか?おすすめの練習内容を4つ紹介しました。まず最初に、良い演技をするためには、良い演技が何かを知らないといけません。僕は良い演技はリアルな演技であると考えています。この記事では、リアルな演技とはなにか。そして、それを踏まえた練習方法4つを紹介しています。間違いなく演技力向上に役立つ記事になってます。

  • 2021.09.26

【負の感情】俳優は「怒り、嫉妬、執着、殺意」から逃げてはいけない理由

俳優は負の感情・・・怒り、嫉妬、執着、殺意から逃げてはいけません。なぜなら、これらの感情は役作りをするための足掛かりになるからです。記事を読むことで、俳優は普段どのように感情と向き合うべきか、そしてマイナスの感情の演じ方がわかります。かなり深い内容となっています。

1 2 3 4 7